忍者ブログ
-これって自分にツッコミ日記じゃんと思う今日この頃-
どうせ熊本城マラソンで込むだろうし、のんびり行こうかと思います。おはようございます。
晴れて良かったですねー フルマラソンの出発はもうすぐ~

さてと、怒濤の平日が終わり、週末はいつも通りです。
今週は来室が多かったなー そして1人1人が長かった気がします。
まあ、それはそれで構わないんですけど。
学年の対応が早いので助かります。やはり情報交換は大事ですよね!

今週はバレンタインもありましたね~
某所ではSS大量生産で大盛り上がり。
もちろん私はロム専です。
しかし、あまりの多さにたぶんまだ全部読めてない…(汗)

そして自分が浮かんだネタが逆転パロ(女王陛下)だけだったという。
だって本編寄りとか読むだけで満足しましたし。
そんなわけで、もう17日とかいうのを放置して、ひっそりこっそりバレンタインな小ネタをUPしときます。
女王陛下な夕鈴に違和感がない人は右下からどうぞ~
夜には水月・方淵・李順・黎翔それぞれのやりとりオマケを追加したいなー
時間がなくてこれしか書き上がらなかったのです…

おっとタイムアップ!それではー(返信は夜にまとめてします!)



「もしも白陽国にバレンタインがあったら」(逆転パロver.)


「このイベントって何か意味あるの?」
いつもと違う空気に包まれた政務室を眺める夕鈴は若干呆れ気味だ。
宰相の勧めでやってみたものの、彼らがここまで喜ぶ理由がよく分からない。
「官吏達のやる気向上には役立っているので良いのではないですか?」
予算にも組み込んでるので損はないですし、とは李順。
「…あんな簡単な菓子を作るだけでここまで喜ばれるなら楽なものね。」

「手作り…!?」
途端に、部屋中にどよめきが走った。
「ん? 毒は入れてないわ。」
注目を浴びた女王がそう答えると、周りからはそうではなくて、という反応が返ってくる。
そうして彼らの視線は何故か女王の斜め後ろに立つ黎翔へと集まった。

「美味しかったですよ。」
彼らの意を汲んだ黎翔がにっこりと笑う。
「甘くて―――… まるで陛下のようでした。」
ノリの良い幾人かはおおっと声を上げて身を乗り出し、素知らぬフリをしていた面々もちらりと窺う様子を見せる。
「お前はいつどうやってもらったんだ?」
「そうですね。味見の際に陛下の手ずから頂きました。」

「……黎翔。」
低い声が恨めしそうに彼の名を呼び、氷の視線で彼をじろりと睨む。
しかし、その頬が僅かに赤く染まっているので効果も半減だ。

いつになく可愛らしい反応に、官吏達に動揺が走った。
事実だと確信して想像してしまったのか赤くなる者もいる。


(……まあ良いか。)
それらを他人事で眺めながら、支障がないからと李順は放置した。


・・・・+・・・・
バレンタインはいちゃいちゃ見せつけの格好のイベントですよね!
残りは夜にー では行ってきます☆

拍手[16回]

PR
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
柊 かなめ
性別:
女性
職業:
日記から察してk
趣味:
ビーズアクセサリー
自己紹介:
まったりのんびり生きてます。
マンガ大好き、寝るのも大好き。
基本はめんどくさがりです。

注意:
以前の日記と同じスタンスなので、ヲタも仕事も日常もごちゃ混ぜです。
真面目な検索で来られた方はスミマセン…(汗)

ヲタ歴:
封神でこちらの世界に入り込み、ガンダムSEEDにはまりまくり、現在は狼陛下も大好きです☆
時々サイトで二次小説を書き散らかしてます。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
ブログ内検索

Copyright © [ ツッコミ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]