忍者ブログ
-これって自分にツッコミ日記じゃんと思う今日この頃-
歌に集中してしまうわ!(笑) こんばんわ。
ちなみに今は ぼーけんです☆

本日の更新
3話です。たぶん1話の倍くらいの長さw
自分への好意に鈍い夕鈴さんですが、今回はちゃんと根拠もありますよという。
簡単に論破されてしまいそうなほぼ直感な根拠ですけどね。
栄賢さんに対して持ってる情報がそれぞれ違うので、みんな認識にズレがある感じ。
けれど、本日の陛下の排除対象は絽望さんですww
おそらく本気で当てにいってると思うw
でも気配を消したりはしてないので避ける余地はある。仲が良いんだか悪いんだかww
次は完全ブチ切れ陛下かな?

さてと、何かないかなぁと漁っていたら、スマホの方にネタが入ってました。
「不可侵の花」の後日談といいますか。
元の話がアレなのであんまり明るい話ではないですが。絽望さん中心の話ですね。
では、お時間のある人はいつもの場所からどうぞ。















「これで奴の持ち物は全部か?」
方淵の問いに、彼らは「はい」と頷く。
仕事で使っていた私物だけのため、卓の上の並べられた者は驚くほど少なかった。

「・・・随分あっさりしたものだなぁ。」
そこに割り込んできた、場にそぐわないほどのんびりした声に、方淵は眉を顰める。
「景絽望。貴様 何しに・・・」
「お、あった。あった。」
方淵の声を無視してこちらへ足を向けた彼が、目的の物を見つけたのか徐に手を伸ばした。
・・・蘇秦の私物が並べられた卓へと。
「オイ」
「ん? 元々私の物だから良いじゃないか。彼に貸していたんだよ、この小筆。」
周りが固まり方淵が睨んでも、彼は悪びれずに言う。
そうして肩を竦める彼に、方淵は怒鳴る代わりに深く溜め息をついた。
「仕方ないな。さっさと持っていけ。」
「よ、よろしいのですか?」
官吏の一人が慌てるが、方淵の方は気にした様子もない。
「本人が自分のだと言うのだから良いだろう。小筆の一本くらいなら問題もない。」
いつものしかめっ面のままだが、視線を交わしただけで絽望の意図には気付いたようだ。
それでいて、あえて何も言わなかった。
彼もまた今回のことには思うところがあったのだろう。
「ありがとう。」
その全てを含めて絽望は礼を言った。


「・・・本当に馬鹿なことをしたねぇ。」
青い空に小筆をかざして絽望は1人ぼやく。

今の言葉はこの小筆の"本来の"持ち主に向けたものだ。
叶わぬ恋に焦がれて死に逃げた・・・もしかしたら自分がそうなっていたかもしれない、もう1人の自分。

「これは、ただの自己満足なのかもしれないけどね。」
自嘲気味に呟いて、絽望は庭園へと足を向けた。





「お妃様」
「? あ、絽望さん。こんなところで何をしてらっしゃるんですか?」
お妃様は最近後宮から少しずつ出てこられるようになったけれど、まだ以前のような明るさは見せられない。
彼の死は、それだけ彼女に影響を与えたのだ。蘇秦という存在は、彼女の心の傷として残った。
それを羨ましいと思う自分もいて、そんな自分を馬鹿らしいと蔑む自分もいる。

けれど今はやるべきことがあると、個人的な感情は抑え込んだ。

「ーーーお妃様、こちらを。」
いつもの軽薄さを引っ込めて膝を付き、手に持っていた物を彼女へと差し出す。
それを見て、彼女は不思議そうに首を傾げた。
「小筆・・・?」
「私が彼に"貸していた"物です。これしか、残っていなくて申し訳ありませんが・・・傍に置いていただけませんか。」
彼女の目が大きく見開かれる。彼女もまた、絽望の意図に気付いたらしい。
そうして震えながら彼女がそれを手にするのを、絽望はただじっと見つめていた。

「・・・・・・ずっと、空に、祈りを捧げていました。」
他に祈るものがなかったから。
彼のものは何も残らないと思っていたから。

「ありがとうございます・・・・・・」
大切そうにそれを胸に抱いて彼女は涙を流した。






あ、続いちゃったよ・・・でもここで時間切れです~(汗)
この後、夕鈴と陛下の会話(直後と数年後)があります。それで本当に完結かな?
明日書けたら書きますね。

拍手[13回]

PR
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
柊 かなめ
性別:
女性
職業:
日記から察してk
趣味:
ビーズアクセサリー
自己紹介:
まったりのんびり生きてます。
マンガ大好き、寝るのも大好き。
基本はめんどくさがりです。

注意:
以前の日記と同じスタンスなので、ヲタも仕事も日常もごちゃ混ぜです。
真面目な検索で来られた方はスミマセン…(汗)

ヲタ歴:
封神でこちらの世界に入り込み、ガンダムSEEDにはまりまくり、現在は狼陛下も大好きです☆
時々サイトで二次小説を書き散らかしてます。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
ブログ内検索

Copyright © [ ツッコミ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]