忍者ブログ
-これって自分にツッコミ日記じゃんと思う今日この頃-
今年は織姫と彦星が見えました☆こんばんわ。

わし座は薄雲に隠れてたんですけどアルタイルはバッチリ。
はくちょう座とこと座は見えました。ついでに南の空にはさそり座も。
天の川は世界が明るくてよく見えませんが…見るなら山に登らないとなぁ。
あー 阿蘇ファ○ムランドに行きたい(笑)

さてと、七夕SSを書きたいなぁと思ってたんですが。
何だかしょうもない話が出来上がりました。
そういえばここで狼陛下SSを最初に書いたのが七夕でしたねぇ。
去年はもう少しまともな話を書いたはずなのにな(苦笑)

では、お暇な方は右下からどうぞ~

※織姫=夕鈴、牽牛=黎翔 です。



今宵は年に一度の特別な夜。
夕鈴は1人窓辺に腰掛けて外を見ていた。

「…今年は晴れたわね。」
地上ではみんなが「良かった」と言ってくれているのだろう。
…事実は誠に申し訳ないのだけれど。

そろそろかしらと思っていたら、後ろの扉がバタンと開いた。

「夕鈴 今日は七夕だよ!」
駆け入ってきたのは我が夫。
夕鈴はゆっくりと立ち上がって彼を出迎える。
「お帰りなさいませ。」
今お茶を入れますね、と準備していた茶器に手を伸ばしながら彼を席に促した。

「……夕鈴 冷たい。」
なのに彼はしょんぼりと項垂れる。
「年に一度の逢瀬の日なのに…」

夕鈴は世間では織姫と呼ばれ、夫…黎翔は牽牛と言われている。
年に一度しか会えないという伝説の2人。
けれど、それを聞いた夕鈴は呆れたように溜息をついた。

「昨日も会ったじゃないですか… 天帝(おとうさま)との約束なんて守ってないくせに何言ってんです……」

引き裂かれたはずの2人だが、実際彼は毎日夕鈴に会いに来る。
もちろん雨の日も。どうやって来てるのかは謎だけど。

「だって、お嫁さんと離れるなんて1日だって耐えられないよ。」
だから会いに来ているのだと彼はさらっと言ってのける。

うん、でもこの人なら不可能ない気がする。


「お仕事はちゃんとして来ましたか?」
「もちろんだよ。お嫁さんに嫌われたくはないからね。」
天帝の怒りを買い 引き離された時、彼女は男らしくも「サボってたのが悪いんです」と言い放った。
その責任は全体的に黎翔にあったので、今はちゃんと昼間は働いている。
そうでないと家に入れてもらえない。
「なら良いです。」
話し終わる頃にはちょうど良いお茶が用意できていた。
どうぞと差し出すと、彼はありがとうと受け取って自分の指定席に座る。

「やっぱりお嫁さんのお茶は美味しいね。」
ほっこりと心まで温まりながら、黎翔はにこりと微笑んだ。


これがいつもと変わらぬ光景。
織姫と彦星は今夜も仲良く過ごしているのだった。

++++++++++++++++++
すみません、一発書きなので自分でも意味分かってません。
勢いで書いてます。矛盾があっても気にしないでください(汗)
某様とのメールで陛下が彦星なら泳いで会いに来そうだよな~という話になったので(笑)
そして伝説までは間に合いませんでした…orz
仕事をしないのは牽牛だけで、織姫は流されてるとかそういう話でしたが…

拍手[26回]

PR
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
柊 かなめ
性別:
女性
職業:
日記から察してk
趣味:
ビーズアクセサリー
自己紹介:
まったりのんびり生きてます。
マンガ大好き、寝るのも大好き。
基本はめんどくさがりです。

注意:
以前の日記と同じスタンスなので、ヲタも仕事も日常もごちゃ混ぜです。
真面目な検索で来られた方はスミマセン…(汗)

ヲタ歴:
封神でこちらの世界に入り込み、ガンダムSEEDにはまりまくり、現在は狼陛下も大好きです☆
時々サイトで二次小説を書き散らかしてます。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
ブログ内検索

Copyright © [ ツッコミ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]