忍者ブログ
-これって自分にツッコミ日記じゃんと思う今日この頃-
間に合いませんでした~…こんばんわ。

今日は朝から塾の補講だったんですけど。
早めに帰ってきたので更新作業をと思ってたんですよ~
そしたらあまりの眠さに撃沈しまして。目が覚めたのが9時くらいで。
それからちまちま書いてたんですけど、もう寝る時間になってしまいました…
もうちょっと頑張れば今週末までにはどれかが書き上がると思いますけど。
…やはり週休ゼロはさすがにつらいですわぁ。こんなにぐっすり寝ちゃうとは思いませんでした。

今週末はLaLaの発売日ですね♪
そして4月入ったらすぐにコミックスの発売日~
ということは、コミックス表紙のお目見えも!?
…つかさ、普通に誰になるんだろ? 流れからして夕鈴は確実として、誰と一緒なのかしら??
そんな感じで楽しみにしておりまする。

うーん… 更新してないし、せめて何かお詫びを…(ネタ帳を漁ってみる)
あ、前に叫んだことのあるちっさい陛下の話でも。
途中までは書いてるんですけど、進まないので放置してるんですよね~
では、最初のところだけで良いという方は右下からどうぞ~





『朝起きたら陛下がちっさくなってました。』
※未来夫婦設定

「離し…っ」
誰かの声が聞こえる。
「お、きて…!」
「んー」
腕の中にあるものは柔らかくって温かくって、とっても抱き心地が良い。
ぎゅっと力を込めると、それはじたばたと暴れ出した。

(……って、暴れ…?)
まだぼんやりとした頭は正常に働いていない。
この抱き心地の良い小さいものは一体何なのだろう。

「むぐむぐっ」
「ん?」
夕鈴の胸の中に頭を埋めてしまっているから声が出せないらしい。
ようやくそこまで思い至り、慌てて力を抜く。
「窒息するかと思った…ッ」
抱き込んでいたそれがぷはっと顔を出した。
酸欠で顔が真っ赤なのは明らかに夕鈴のせいだ。
「あ、ごめんなさ……ん??」
腕の中には10にも満たない少年。
ちなみに夕鈴に子どもを産んだ記憶はない。
旦那様はいるけれど、まだ時期じゃないからその件については先送り中だ。
「…誰?」
「それは僕が聞きたい。」
起きあがって軽く見渡してみるが、ここは間違いなく夕鈴の部屋だ。
昨夜陛下はここにお泊まりになって、寝るときはいつものように抱きしめてくださって。
なのに、目が覚めたら陛下じゃなくて小さい男の子がいた。

(…見覚えがあると思ったら、この子陛下に似てるんだわ。)
陛下を小さくしたらこんな感じかなぁと言える外見。
…もう一度言うが、夕鈴に子どもを産んだ記憶はない。


「ここは…どこだ?」
少年が辺りを警戒しながら問う。
小さくてもその表情や態度は狼陛下の片鱗を伺わせていた。
ならばと、夕鈴もしっかりと答えるべく身を整える。
「ここは私の寝室です。詳しく言えば、白陽国王宮―――その後宮内にある正妃の部屋です。」
「!?」
少年はがばっと顔を上げてこちらを見る。
「バカな! 今の正妃は…!」
「ですが間違いありません。私は狼陛下の正妃、ここに住むただ一人の妻です。」
「狼陛下…?」
聞き覚えがなかったのか、少年が呟くように聞き返す。
それを訝しみながらも、今度は夕鈴が問う番だ。
「―――それで、貴方の名は?」
「…珀 黎翔。」
「え?」
予想外の返答に、夕鈴はぱちくりと目を瞬かせた。

「でもどうして僕が後宮に? 僕は北の辺境に追い出された身のはず…」
どこかで聞いた話だ。というか、今の名前は、、
「珀、黎翔…?」
「ああ、そうだが。…どうした? 顔色が悪いぞ。」


「っっ 浩大!!」
とりあえず、夕鈴は屋根の上にいるであろう隠密の名前を呼んだ。

・・・・+・・・・
何故未来夫婦設定かは、1番書きたかったネタが夫婦の方が都合良かったからです。

拍手[30回]

PR
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
柊 かなめ
性別:
女性
職業:
日記から察してk
趣味:
ビーズアクセサリー
自己紹介:
まったりのんびり生きてます。
マンガ大好き、寝るのも大好き。
基本はめんどくさがりです。

注意:
以前の日記と同じスタンスなので、ヲタも仕事も日常もごちゃ混ぜです。
真面目な検索で来られた方はスミマセン…(汗)

ヲタ歴:
封神でこちらの世界に入り込み、ガンダムSEEDにはまりまくり、現在は狼陛下も大好きです☆
時々サイトで二次小説を書き散らかしてます。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
ブログ内検索

Copyright © [ ツッコミ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]